宅建士試験対策講座

新潟県上越市
上越ビジネスチャレンジセンター
20213/13開始 
宅建士(宅地建物取引士)試験講座
(2021年2/2更新)
■2021年10月実施の【宅地建物取引士試験】の合格を目指す講座です。
■チャレンジセンターの講座は、ビデオ講座ではありません。宅建士の資格を有し、最近の宅建士試験に精通した専任の先生が対面授業で直接指導します。
■冠婚葬祭や急病、お仕事の都合等々、やむをえない事情で講座を欠席された方には、別の日に無料で補習講座を実施します。

宅建士(宅地建物取引士)とは
 宅建士は、以下の2点において、宅地建物取引業(いわゆる不動産業)を営む上で,あるいは、宅地建物取引業に従事する上で不可欠な国家資格です。
①宅地建物取引業を営むためには、「業務に従事する者」5人に1人以上の割合で専任の宅建士を設置しなければならないことが法律で定められています。ですから、開業者自身が宅建士の資格を有するか、または、宅建士の資格を有する者を常勤の職員として採用しなければならないのです。これを、「5人に1人以上」の宅建士の設置義務と言います。
②宅地建物取引業には、宅建士にしか扱えない三つの「独占業務」があります。
 第1の独占業務は、重要事項の説明です。
 宅地建物取引業にかかる契約に際しては、契約の前に、買主や借主へ、物件や取引条件に関する様々な情報を説明しなければなりません。そして、この説明は、宅建士にしか許されていないのです。
 第2の独占業務は、重要事項の説明書面への記名・押印です。
 重要事項の説明の内容は多岐に及ぶため、書面(重要事項説明書)を作成・交付することが義務付けられています。そして、この書面の内容について宅建士が責任を持つことを明らかにするため、宅建士が、この説明書面への記名・押印をしなければなりません。
 なお、この書面を35条書面と言います。
 第3の独占業務は、契約書(37条書面)への記名・押印です。
 37条書面とは、取引にかかる契約書のことです。37条書面の目的は、契約当事者間のトラブルを防ぐことです。取引が成立したら、宅建業者は、直ぐに37条書面を作成して契約の当事者に交付しなければなりません。そして、宅建士に、この37条書面への記名・押印が義務付けられているのです。 
 以上の、「5人に1人以上」の宅建士の設置義務と宅建士の三つの独占業務によって、宅建士が宅地建物取引業(いわゆる不動産業)にとって、なくてはならない存在になっているのです。

チャレンジセンターの講座内容
 宅建士試験は非常に難しい試験です。第1に試験対象の範囲が非常に広いこと、第2に単なる暗記ではなく論点ごとに徹底理解が必要であること、第3に本番の試験が2時間で1問4択式の問題・50問であることから、スピーディーで正確な読解力が要求されること等です。しかし、合格への強い意志と着実な準備をして臨めば合格は可能です。チャレンジセンターでは、概要以下のような内容で講座を実施し、本番の試験での合格を目指します。
①最初に、基本テキストに基づいて、試験対象の論点の全てを基礎から全面的に学習します。特に、民法について該当する条文にあたって、しっかり学びます。チャレンジセンターでは、民法関係の論点に対する応用力を高めるために、この取り組みを非常に重視しています。なお、2017年(平成29年)5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が2020年4月1日から施行されたことから、昨年度の(2020年度)の試験から、この改正された民法が試験の対象になりました。チャレンジセンターでは、特に、この点について、しっかり準備して取り組みます。②次に、12年分の過去問題を使用して過去問演習に取り組み、それぞれの論点における出題の特徴を把握し、過去問の角度から基本テキストの論点を整理して理解を徹底的に深めます。
③最後に、十数回分の試験直前模擬試験問題集を使用して、模擬試験に繰り返し取り組み、本番の試験に強い実力を養成します。毎日毎日、鉛筆と消しゴムを手にして、模擬試験との挌闘を繰り返します。そして、この過程で、合格に直結する合格点獲得の手法を身に付けます。
 ★民法を基礎から学び、宅建士試験の全論点を解明し、過去問と真正面から格闘し、実際に受験して合格を勝ち取った先生が、そうした自分自身の経験を踏まえて到達した【宅建士版=8カ月間の合格への歩み】を受講生の皆さんと共に実践し、指導します。

20213/13開始 土曜日夜間教室 【宅建士試験対策講座】
★開始日:2021年3月13日(土曜日)
★修了日:2021年10月9日(土曜日) 
★講座時間数:3時間 ×30回 =90時間 
★実施時間:土曜日 午後6時~9時
★講座スケジュール:具体的日程は講座初日に確認します。
★講座実施場所 上越市農業研修センター“芙蓉荘”(上越市富岡3003-1)(予定)
★受講料 受講料¥138,600.+教材費(¥15,840)=¥154,440(消費税10%込)。(教材費の金額は、出版社の価格変更により変更される場合があります。)4回分割納付も可能です。お気軽に御申しつけ下さい。第1回(開始日)¥40,000、第2回(5/8)¥40,000、第3回(7/3)¥40,000、第4回(8/28)¥34,440))
★受講申し込み手続き メール又は電話でお申込み下さい。
ご不明のこと等、お気軽にお問い合わせ下さい。

上越ビジネスチャレンジセンター
本社事務局 〒943-0837 上越市南城町4-3-30
フリーダイアル:0120-971-831 
TEL:025-521-0831
FAX:025-521-0832
-mail:info@j-bcc.com